こちらはポ○モンと二次創作に関するお絵かきと駄文のブログです since 2004.07.01
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author : スポンサードリンク | - | -



Pt別荘日記・あとがき
 一応ではありますが、きちんと風呂敷はたためたかな、と思います。てか眠い^^;
 眠いからなのか、最終話の「あこはんこの下の日付」を7/14にしてるよ>< 正確には7/13早朝です、はい。最後の最後まで大ボケかましちゃってます。

続きを読む >>
大人のポ○モン:別荘日記 | 22:52 | author : ako | comments(2) | -



Pt別荘日記「最終話・みんな一緒でいいじゃん」
 今日はようやく別荘日記、最終話。そして。エピローグ。



 コウキです。こっちはあの大騒動からようやく一段落、今は脱力感でへろへろ。別荘前の芝生に寝っ転がりながら、降り注ぐ日差しが心地良い。あの時、騒動が終わって別荘に戻ったボクが最初にやったことはレントラーのかぶり物をかぶること。「乙女が徹夜で作ったんだよ、そのくらいの怨念が籠もっててもアリでしょ」と、かかかと笑う彼女のアイデアでもあるけど、確かに直感的にこれだ、ッて思って。そしたらボクはボクに会えた……会えたような気がする。実際に跳んでいけないから確かめようもないけど、ボクはそう感じたんだ。“あっちのボク”はさほどモテないはずだし、昔彼女が言ってた宿題を叶えるにはベスト。反対に、“あっちのボク”がハラハラしたりするんだろうな^^;  「……コウキ君、あたしの部屋、どこ?」「あ、マイちゃん! こっちこっち!」「……ルームシェア」「え、マイちゃんも住むの?」「ワタシもでーす!」「メリッサさんは入会書提出してからです!」「ずるいデース!」「……だめ。決まりだもの」 ……なんかボク抜きで話が進んでる……。「そんな訳で、これ、改築予定図。地下3階、地上35階のビルになりそうだよ、あはは」「ダイゴさん……><」「もちろんあたしとダイゴも住むわよ」「それを管理しろ、と!?」「任せたよコウキ君^^」「常設リング〜!!」「披露宴会場は……」「おなか減ったー」 みんな好き勝手言って……。もはや別荘と言うよりも多目的ビルだよ。「こっちはみんな一緒でいいじゃん」そう言って笑う彼女に、頭を抱えながらこう言うしかなかった――「参ったな^^;」


 別荘日記、おしまい♪

 ……当初の予定よりも2日以上遅れてしまいました……。絵がね、もう、ハンパ無かったです。ブログに載せてるのは一部分でなおかつ縮小してます。全体はこんな感じ。


 とりあえず、全体の大きいのはpixivで見て下さい。ブログにはアップできない大きさになってしまいました><
 手が痛い。眠い。でも、月曜持ち越しだけはなんとか避けたかったので、意地で完成させました。……徹夜じゃんTT−TT 1時間寝て、仕事に行きマース。
 多分次回は後書きかきます。ちょっとユルユルのになると思われ。ではまたm(_ _)m
大人のポ○モン:別荘日記 | 06:28 | author : ako | comments(14) | -



Pt別荘日記「信じてもイイかなって」
 今日も別荘日記。コウキ君は思い出しました。



 一瞬目が点になってしまったあたし。多分、池のコイキングのように口をぱくぱくさせてるんだと思う。そんなあたしに構わず、コウキ君は続ける。「……浮気しない、っていうか、今のボクだとする機会がない、ッて言う方が正しいかな^^;」 ……コウキ君が何を言ってるのかさっぱり分かんない。分かんないんだけど嬉しかったり、意味不明な分、謎だらけで、今のあたしはすっごいへンな顔だと思う……>< 「そだよね、何言ってるかわかんないよね^^; うん、それでいいんだと思うよ」 コウキ君は、おろおろしてるあたしの手を取って“隣に座れ”って指示。う、うん、座る座る! ぺたん 「ヒカリちゃんは次期チャンピオン候補だよね」「う、うん」「そうなんだよ、ヒカリちゃんが最初にシロナさんに勝った世界なんだ、胸張っていいんだ」「へ?へ?」「分かんないって顔してるね^^; いいんだよ、“ここ”じゃヒカリちゃんのが正しいんだから」 分かんないッ!分かんないよッ!? 「このかぶり物を見て複雑な気持ちになった、ッて言ってたけどそれはきっと既視感ってヤツでいいんじゃないかな。もしくは前世の記憶とかさ」 そういって、……すごく自然にあたしを腕の中に。「“やっぱり”ボクはヒカリちゃんが大好きだ」 ! 気持ちが溢れてきて……愛しくて懐かしくて狂おしくて……。コウキ君が言うように前世で何か……とかロマンチック、かも。コウキ君ってこんなにジゴロだったんだ、とか感じつつも信じてもイイかなって思った。だから彼の唇に確認のスタンプを押したんだ――――


 次回、最終回です。

 そんな訳で、今日はこのへんで。
 また次回!
大人のポ○モン:別荘日記 | 23:37 | author : ako | comments(4) | -



Pt別荘日記「そんなの脱いじゃってッ」
 今日も別荘日記。ヒカリちゃん果敢に攻撃です。



 そんな訳で、コ〜ウキ君に〜相談だっ♪ 「そうそう、尋ねようと思ってたんだけど、このかぶり物ちょっと見て貰える?」「かぶり物?」「うん、これ」そういって例のレントラーのかぶり物を差し出す。「なんかね、それ見てると複雑な気持ちになってくるんだ」「ふむ」「で、……何でだかわかんないんだけど……コウキ君を、思い出しちゃうんだよね……////」 やだあたし何言ってんだろッ ただの相談だし、お近づきになれればーとか思っただけで、告ってる訳じゃなくって、そのッ!! 「んーむ……」 かぶり物を見ながら神妙な顔つきをするコウキ君。おもむろにかぶり物に手を伸ばして、――かぶっちゃった。「…うわ…っっ!! 似合うっ!! すっごい似合うっ!! 徹夜して頑張って作ったかいがあったよぉ〜♪ うん、イイ! すっごくイイ!!」 ……ってあれ? あたし、何言ってるんだろ、なんだか矢継ぎ早に喋っちゃってる。「……」コウキ君はかぶったまま沈黙。…あ、あたしのバカッ……コウキ君、完全に引いちゃったじゃん……このままじゃあたしただの電波少女だよ……素で考えて引くわ、これ……>< 「あ、ご、ごめん、何バカなこと言ってるんだろ、っていうか、あ、そんなのもう脱いじゃってッ>< あ、な、なんか飲み物取ってくるねッ><」 あたし、相当取り乱しております。バカ、あたしの大バカッッッ!!! ……でも、コウキ君はそんなあたしを制止するんだ。「待って、ヒカリちゃん」「え、あ、その」「……以前君に言われた宿題、遅くなったけど……」「…ぇ…」「ボクは浮気しない」


 ……コウキ君は、思い出した、かな?

 ということで、今日はこのへんで。
 今日は20分オーバー。
 ではまた次回!
大人のポ○モン:別荘日記 | 23:59 | author : ako | comments(6) | -



Pt別荘日記「乙女は果敢なのだ♪」
 今日も別荘日記。改編された“あっち”の世界では……



 ヒカリです。訳もなく泣きたくなることもあるけど、チャンピオン候補がそれじゃかっこわるいよね。元気だよ、元気……。それにしても別荘の管理って確かに要るわ……。だってほら、みんな好き勝手に入ってきてくつろぐんだもん、ここはみんなのリビングじゃないっつーの。でも、実は心待ちにしているお客だっていたりする。コウキ君。確か彼、博士の助手をしてたんだけど、戻ってみれば新しい女の子が助手になってたんだって。「なんかボクお払い箱みたいでさ」なんて言ってる。その困り顔がまぶしくて、実はちょっとだけラッキー!とか思ってるあたし。今日も彼がやって来ててソファに座りながら「落ち着かないな」とか頬を赤くしちゃってたり。そこがまた可愛い♪ じたばたじたばた。「そういえばコウキ君ちょっといい?」「ん?」 相談はお近づきの第一歩! 乙女は果敢なのだ♪ 「このトゲキッスなんだけどね」 そう、あたしがチャンピオンになった日、いつの間にかあたしの持ち物にこのコが入ったボールが紛れてて、見るとあたしのコじゃなくて。彼に尋ねようと思ってトゲキッスを出した途端、トゲキッスはコウキ君にすり寄っていった。「あれ、とげちゅじゃん、居ないなぁ、と思ってたらこんなとこにいたんだ」「そっか、コウキ君のコだったんだ、良かったねご主人様に巡り会えて」「ありがと、ヒカリちゃん」「いえいえ、どういたしまして。……でもなんでかな」「それは分かんないけど……世界に謎はたくさんあるさ^^」 謎、かぁ。……そだ。せっかく仲良しさんしてるんだもん、アレ、相談しようかな、お近づきの第二波攻撃だ♪ それをきっかけに……とかって//// あるよねッ!


 あるよね、といわれましても^^;

 そんな訳で、続きます♪
 また次回!
大人のポ○モン:別荘日記 | 23:50 | author : ako | comments(4) | -



Pt別荘日記「ボクを信じるさ」
 今日も別荘日記。コウキ君決断です。



 気になるのはボクが戻って世界が分岐したとき、“ボクが居なくなった世界”ではボクの存在ってどうなるんだろう、ってこと。そうなんだ、ボクが戻ると、戻った世界ではヒカリちゃんやみんなを安心させてあげることが出来る。だけど、“居なくなった世界”のヒカリちゃんは……。「ンだから、その部分はどうなんのさ、ヌオー」「ん〜、“居なくなった世界”は〜、分岐を確認した時点で矛盾を発生させないようする為に君じゃない君を出現させる〜」「ボクじゃないボク?」「うん〜、つまり〜、記憶の内容が全く異なるもう一人の君〜」 ……ふむ。もう一人の、ボク、か……。 「とりあえず、ボクを元の世界に戻してくれ」「いいの〜?」「それでいいよ。あっちにもボクが居るんだろ? 信じるさ」「……」「ヌオー、今度こんなミスすんじゃないぞ^^」「……ごめん〜……」「これあげるよ。これかぶって反省するように^^」「うん〜」 ……そしてボクはセレビィに導かれて本来の世界に戻る。もといた世界に。大好きな人が待つ世界に。

 帰ってきた世界、それはそれで修羅場なんだよな。ボク的には“帰ってきた”訳だけど、この世界のみんなからはそうは見えず、ヌオー達が光と共に消え去ったようにしか見えてないんだから、まぁいわゆる後始末だ。だから、またも咄嗟にみんなに指示。瓦礫を取り除いて博士を病院に連れて行くこと、会場のお客さん達を含めみんなに、全てが終わったことを宣言すること……。そして後でヒカリちゃんには説明しなくちゃ。あっちのボク達が笑顔になれるよう祈ろうって……。


 壁にぶち当たったら、笑えばいいんだよ。きっとなんとかなるさ^^

 そんな訳で、今日は30分オーバー。
 また次回!
大人のポ○モン:別荘日記 | 23:59 | author : ako | comments(4) | -



Pt別荘日記「君たちを責めてる訳じゃないさ」
 今日も別荘日記。そしてその頃のコウキ君は……



 「なぁ、ヌオー」「……ごめん〜……」「いや、君たちを責めてる訳じゃないさ。まぁ、こういう運命だったのかな、って達観するしかないよね」 大きな図体を申し訳なさそうに縮こまらせているカイオーガががよりいっそう萎縮している。ボクはスタジアムでの騒動の最後、セレビィの“あの世界からの脱出”に巻き込まれてしまったみたいで、今、世界の流れが見える時空にぷかぷか浮いちゃってて。「とりあえず戻れるんだろ? もといた世界にさ」「うん〜まぁ〜戻れるんだけど〜」「だけど?」「その時点で〜世界が分岐する〜……」「分岐……」 つまりはこうだ。“ボクが居なくなった世界”そのものの時間軸は止まらず動き続けてる。時間の流れは不可逆だから、その時間軸の過去に戻れても、そこから史実と違う行いをすることで新しい世界が自動的に作られる、それが分岐。「てことはボクが戻ると“ボクが戻ってきた世界”と“ボクが居なくなった世界”に別れる、ってこと?」「うん〜」 ……“ボクが居なくなった世界”はボクが居なくなった矛盾を解消するために因果律が変わるらしく、そうすることでしか世界の均衡はとれないんだって。なんだか生き物みたいだな、世界って。で、因果律が変わってしまってるから、その矛盾を発生させるボクは“消えた世界”には決して行くことが出来ない、と。戻れるとするなら消えた直後。その時点で世界は分岐、そして分岐させないのなら、ボクは永遠にこの空間に浮かび続けるって訳で……。


 カイオーガも言ってみれば被害者ですから、助けてもらってる以上、すさまじく責任は感じてるようで。現場監督兼カイオーガ救出のヌオーの監督責任だわ。直接のトリガーはセレビィでだから、もう少し跳ぶときの状況確認をしろってのもあるだろうし。とか言いながらも、コウキ君自体も現場で無理して周りを確認してなかった訳で。……連帯責任ですね^^;

 そんな訳で、続きます。
 今日は珍しく日曜のアップです。形式的にはなんとかノンストップでいけた、かな? とか言いつつ2時間オーバーな訳ですが。
 ではまた次回!
大人のポ○モン:別荘日記 | 23:59 | author : ako | comments(4) | -



Pt別荘日記「なんで……?」
 今日も別荘日記。誰にも時間は止めることは出来ません。



 ……あれから結局、あたしは残り2体と追いつめたシロナさんに勝てました。あたし、どうやら次期チャンピオン候補とのことで、その名に恥じぬよう、今もこうやってシンオウのあちこちを旅している最中です。そんな中、ダイゴさんがいうんですよ、別荘の管理を含めて頼むねーって。いつ貰ったんだかさっぱり記憶がないんだけど、誰に聞いても「アレはヒカリのだろ?」って言うばかり。あたしはとんでもないものを“貰ってしまっちゃってた”みたいです。まぁいいか、無意識のうちに「貰う!」とかって言ってたんだ、きっと。で、今日は日々の疲れを癒そうと、別荘でのんびり過ごすつもりなんだ。普段がテントで寝袋だから、はぁ、天国って感じです^^ ……こうやって、部屋着に着替えてベッドから天井を見上げてると、何かとても懐かしい気がしてくるから不思議。随分昔から知ってるような、優しくて暖かな、どことなくくすぐったくて甘い、そんな幸せな感じ。……なんでなんだろうね。あー、もー、彼氏欲しいなぁッ! じたばたじたばた。……ふと部屋の隅を見ると、今まで気が付かなかったけどなにやら奇妙な物体。やだ、何、このレントラーのかぶり物www ……ってよく考えたら、昔あたしが作ったんじゃない。そうそう、作った作った^^ すっごい楽しかったなぁ! ……でも あれ? ……あれれ? ……なんで……?? ……なんで、涙が出てくるんだろう……どうして涙が……止まらないんだろう…………


 続きます。

 今日はちょっとだけ本文です。お題は三つ。
 「予約!」と「発注!」と「エヴァ破ネタ」の三つ。興味のある方はしたからどぞ。
続きを読む >>
大人のポ○モン:別荘日記 | 23:58 | author : ako | comments(6) | -



 
概要説明♪
 
 このサイトは三十路ぶっちぎりakoの趣味にまみれたブログでして、いい歳した大人のくせにここ最近はポケモンに夢中でございます。そんな訳で結果的にポケモンブログになっていたりします。お気軽にコメント頂ければ幸いです♪
 
CALENDAR
 
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PROFILE, tweet, pixiv
 
 
 
CATEGORIES
 
 
RECOMMEND
 
 
NEW ENTRIES
 
 
SELECTED ENTRIES
 
 
ARCHIVES
 
 
RECENT COMMENTS
 
 
LINKS
 
 
Text & Graphic : Copyright (C) AKO all rights reserved.
PAGETOP