こちらはポ○モンと二次創作に関するお絵かきと駄文のブログです since 2004.07.01
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author : スポンサードリンク | - | -



ヌオ様といっしょ[終]:あとがき
 新ヌオについての更新はひとまずこれで最後です。

新ヌオ201-0

 ようやく最後まで行けた、ってことで、今日はあとがきです。
 まぁ、あとがきって言っても、ぐだぐだだらだらくっちゃべるだけなんですが。
 ご興味がございましたら、下のリンクからご確認くださいm(_ _)m
続きを読む >>
大人のポ○モン:新ぬお | 20:33 | author : ako | comments(2) | -



ヌオ様といっしょ[200]:最終回・みんな上手くいくように
 新ヌオ最終話、です。

新ヌオ200-0

 「旦那さん旦那さん、少年が話があるってさ」 リーフが伝言を託かってきたらしい。「ン、解った」 ヤツに会う為、ギラティナの力を借りてダイブ。「どしたー?」「いや、お礼だけ言いたいって思って」 少年の表情は明るい。「みんなさ、覚えててくれたんだ」「そか^^ それは良かった」「でさ、相談したいことがさ、あってさ……」 なにやらもぞもぞしてる少年。突然、ピーンと来る。「これの事か?」 と言いながら小指を立てる。「ま、まぁ、そうなんだけどさ」「四天王とかジムリの人か?」「いや、そう言う訳じゃなくてさ、すっごい一般人なんだけどさ」「トレーナーとかじゃなくて?」「手持ちは居るだろうけど、限りなく普通の人」「いいじゃん(・ω・)」「でもさ、すっごい変なコでさ」「変?」「前からなんだけどさ、ボクの真似すんだよ」「ほう」「それがすっげ上手いの」「すごいな」「で、そのコ、久々に会ったらさ、ちゃんと覚えててくれてさ」「^^」「なんかさ、すっげ嬉しくてさ……」 少年は真っ赤になって話す。可愛いヤツだなあ、と思う。と同時に、若かった頃の自分とか思い出したりする。色々あったなあ、と思いながら、やっと辿り着いた日常を愛おしく思ったりするんだ――

 「ヌオたん、だっこ」「あたしもー」「解った〜 ほい〜 ほい〜」「ヌオたんはどうしてぷにぷになの?」「ん〜 なんでだろ〜ね〜」「あ、きっとこうやってぶつかってもケガしないようにだよ」「そっかー」「まぁいいけど〜」「だからどっか行っちゃダメだよ」「ん〜解った〜」「約束だからねー」「解った〜みんな上手くいくように〜頑張る〜」「ずっといっしょにいてねッ^^」「ん〜」「約束だからねッ」「あい〜(・___・)」  おしまい。



 カーテンコール的にもう少し続きます。下のリンクから続きをどうぞ( ´ ▽ ` )ノ
続きを読む >>
大人のポ○モン:新ぬお | 23:11 | author : ako | comments(2) | -



ヌオ様といっしょ[199]:秘密だからねってw
 新ヌオ更新です。昨日絵の作業中、Painterが落ち、一気に心が折れたのでした(´・ω・`)
 さて、跳ばされさんたちのエピローグです。

新ヌオ199

 結局ボク達はマサラタウンの自宅とシロガネ山のポケセンを行ったり来たりしながら生活してる。リーフとしてはなんだかんだでレッドの世界で“相談お姉さん”してるらしく、「みんな可愛いの^^」とかってまんざらじゃない。かくいうボクはポケセンの管理人って事で通常業務。こっちの世界のレッド君のマネジメントとかもやってる。レッド君、流石に飲み込みが早く、カントーチャンプとしてリーグのみんなを唸らせてる。

 で、自宅に帰れば母さんというか、娘二人の会話に付き合ったり。「そう言えば割と細かかったわよね、ヌオたんの指示って」「普段がアバウトなだけに、アレだけは妙に細かいなあって思ったよね」 二人のネタバラしによると、娘達が大きくなり、自立したいと言いだしたとき「これだけは守ってね〜」と渡されたのがポケモンボール。娘達に一つずつ。ヌオーによると「その中に普段居るから、困ったら呼んでね〜」とのこと。どうもヤツはその二つのボールの間なら自由に行き来出来るらしい。おまけに勝手に出たり入ったりとやり放題。「でも呼んだら出てきてくれるんだよね」「不思議だよねー^^」 ……で、ヌオーが言う細かいことッてのは次の通りだ。①常に姉妹同士連絡だけは取ること ②妹がカントーに引っ越しする時は姉の隣に引っ越すこと ③引越が確定した場合は姉が娘にボールを渡すこと ④引っ越さない場合は妹の息子がお金持ちと帰宅した時にこっそり渡す ……とのこと。「訳分かんないじゃない? だからね」「ねー^^」「それからどうしたのさ?」「ヌオたんを脅したの」「“嫌いになっちゃうよ?”ってw」「そしたらゲロッた^^ 秘密だからねってw」「可愛かったね^^」 ヌオー……おまえってヤツは……TT−TT



 後1話で終わりです。あとがきが1回あるかな、そんな感じです。
 まったりまったり、静かにお話を閉じることといたしましょう^^

 そういえばついったでスガシカオ氏をフォローしたんですが、フォローし返してくれましたー>< どうやら、フォローした人全員をリフォローするってことらしく、こりゃシカオちゃん大変だわ^^;; でもなんかこういうの嬉しいですねえ、好きなアーティストさんにフォローして貰えるのはファン冥利に尽きるってなモンです。オフィスオーガスタを出て、現在一人プロモーション状態らしく、大変だなぁと思います、はい。色々あったんだろうなぁ、と思いますが、シカオちゃんが信じる道を行けばいいのかな、と。

 そんな訳で今日はこのへんで。次回最終話の絵は別荘同様でかい絵になりそうです。今回流石に登場キャラ全員は出せそうにないですが、がんがって描くお(・ω・)
 ではまた次回!
大人のポ○モン:新ぬお | 21:33 | author : ako | comments(0) | -



ヌオ様といっしょ[198]:マブダチになりに行こう!
 新ヌオ更新です。
 別荘側エピローグの〆でございます。

新ヌオ198

 「気が付いたッ!」 ヒカリちゃんがいきなり素っ頓狂な声を挙げた。シンオウへの船がそろそろ出るって時に、いきなり思いついたらしい。「ラストチャンスな訳! 解る?」「話が見えないんだけど^^;」「あーもうじれったいな、つまりさ、リーフさんとコウキ君っていとこ同士な訳じゃん!」「うん(・ω・)」「で、隣の世界だったら夫婦だった訳じゃない?」「らしいね(・ω・)」「これはつまり、コウキ君ファンクラブの名誉会長になって貰うしか無い訳!」 ものすごいドヤ顔で言ってる。三段論法が裸足で逃げていきそうな勢いだ。「彼女は凄い存在だわ! 感動なんてモンじゃないよッ、ねッマイちゃん^^/」「えッ??」「あたしシンオウに戻るの次の便にするから、コウキ君達先に戻ってて! まずはリーフさんとマブダチになりに行こうマイちゃんッ!!」 強引にマイちゃんを抱きかかえて飛んでいったヒカリちゃん。「あ、あの……」「元気だよね〜、彼女^^」 ダイゴさんは達観したように言う。「元気すぎてボクはどうすればいいかわかんなくなりますよ」「何を贅沢言うとるか、こんのリア充が」 ナナカマド博士が背後からツッコミを入れる。「博士も同じ便だったんですか^^;」「無論じゃ、ワシは暇ではないんでの(`・ω・´)」「原稿らしいですよ」とミルちゃん。出航の合図。ヒカリちゃんはホントに帰る便を遅らせるらしい。「で、コウキ君、どうだった? 今回の旅は」 ダイゴさんがボクに尋ねる。「そうだなぁ……長い旅だったけど、でも楽しかったですよ。色んなモノを見れたし、色んな人に逢えましたし……」 船が動き出す。暖かな陽射し。「何よりも、ボク自身に逢えましたし……」「そうだねえ……^^」 あいつがボクで良かったと、思う――



 次回次々回と跳ばされ側のエピローグです。

 今日は絵の作業に入れたのがいつもより2時間程遅れてしまい、結局仕上がりも2時間遅れてしまいました(´・ω・`)アルヨネ……
 そんな訳で特に追記無しでございます、はい^^;

 ではまた次回!
大人のポ○モン:新ぬお | 00:50 | author : ako | comments(0) | -



ヌオ様といっしょ[197]:シロナ様が帰っちゃうッ><
 新ヌオ更新です。
 カリンさん大泣きでございます。

新ヌオ197

 「シロナ様がぁぁ><」「あ、あの、カリンさん??」 カリンさんが泣きそうな、いや、既に大泣きの状態で立っていた。「カンナなんてレッド君が戻ってきたらべったりだし、ワタルはそれ見て凹んでるけどリーフちゃんと共同戦線張ってるしッ>< でも、アタクシは不幸なのッ>< シロナ様が帰っちゃうッ><」 ……あー……^^;; 廊下で号泣されてもアレだし、やっぱり可哀相なので2〜3アドバイス。「シンオウの連絡先、聞かれました?」「教えて貰ったけどッ><」「だったら大丈夫ですよ^^」「押しかけても嫌われない?」「大丈夫ですよ、あの人お気に入りは男女問わず食う人ですから^^;;」「食べられたい……////」「^^;;;」 カリンさんは気が済んだのか、帰宅。これで落ち着いて荷物の準備が出来る、とか思ってるとまた来客。「はい??」 扉を開けるとヒビキ君とコトネちゃんが大勢の人を連れてやって来た。「ジムリの皆さんが、帰る前に会っておきたいからって言い出して^^;」「え」 見るとジョウトとカントーのジムリーダーの皆さん。「あの^^;;」「今日で最後でしょ? だからどうしても、って^^;;」「え、えーと……」

 さほど広くない部屋が人だらけ。適当にルームサービスを頼み宴会状態。こういう時の段取りに慣れてしまってる自分が恨めしい。でもま、みんなの笑顔を見てると、まぁいいか、って気になる。酔い覚ましがてらバルコニーに出てると、マサキさん。「あっちの世界じゃ、ワイと君、随分仲良いんやってなぁ。もちっと話したかったわ」「そうですねえ^^」「また、こっちに来よし」「はい、また寄せていただきます」 マサキさんは、にッ、とイタズラ小僧の様に笑ったんだった。



 カンナさんは描いてて楽しいのですが、新ヌオでは最後のご登場と相成りました。

 それにしても今日の風と雨と雷はものすごかったです。うちの近辺ではまだ桜は咲いてないので良かったですが、咲き始めたところとかは残念なことになっちゃっただろうなぁ、とか、ややしょぼん。春先は天候が乱高下するとはいえ、今日みたいな天候はちょっと凄すぎでございますよ、ええ。
 そんな訳でまた次回!
大人のポ○モン:新ぬお | 23:13 | author : ako | comments(0) | -



ヌオ様といっしょ[196]:珍しいわ……
 新ヌオ更新です。
 別荘さん側のエピローグです。

新ヌオ196

 何というか、いわゆる大団円、と言うヤツだ。ダイゴさんが作った簡易ポケセンは正式にポケモンセンターとして登録されて、そらをとぶでいつでも来れる場所になった。ダイゴさんの目論見が見事的中、という感じだ。「珍しいわ……ダイゴの読みが当たるなんて……」「いやあ^^」 その環境を一番享受出来ているのはレッド君とリーフさん。週に2〜3日はレッドさん達の世界に戻っていろいろと情報交換やらしているらしい。どうやら、あの世界に閉じ込められてるうちに随分世界の様相が変わって、色んなレッドさんやリーフさんが困惑してるとか。新しく発見されたポケモンやら新たなバトルの戦略やら。「勉強会だよ^^;;」とはリーフさんの弁。リーグ事務局がレッドさん帰還記念ってことで、ヒビキ君とレッドさんの記念試合なんか組んじゃったもんだから、「いや、まぁ、レッドの名をかけて負ける訳にもいかないし……」とプレッシャーがすごいとか。かくいうボク達は、そろそろ地元に戻らなくちゃいけないってんで、その準備に大わらわ。なんだかんだで結構長期間の滞在になったから、地元のリーグやフロンティアから“早く戻れ”と矢のような催促。「折角あたしら3人夫婦が旅行に来れたのに落ち着けなかったねえ(・ω・)」「……でも、楽しかった……」「うん^^」「……また来よう?……」「もち♪」 ヒカリちゃん達は満足げ。……てか、僕らは夫婦だったんですか。それに、三人夫婦ってきっと役所が許してくれないと思うんだけど…… 「細けえことぁいいんだよ( ´ ▽ ` )ノ」「……うん……♪」と彼女達は相変わらず。

 部屋に戻り準備をしながら、明日は戻る日かぁ……と感慨に耽っていると、ノックの音。誰?と開けると、カリンさんが泣きそうな顔で立っていた。



 別荘さん達、お話の中での滞在期間って1ヵ月程度なのかな? とか想像しております。

 新年度開始でございます。今年も頑張るぞ、と(・ω・)
 そういえば、録画しておいた「わすれなぐも」を見たですが、これが実に出来のいい作品でした。可愛らしい絵なんですけど、オチがなかなかピリリと効いてて、萌えホラーしてたあたりが実に良かったです。限りなくバッドエンドなハッピーエンドで、そうだよなー、妖怪モノだもんなー、とか納得。
 思えば、蜘蛛モノの伝奇ホラーって、アトラク=ナクアで思い切りはまりました。初音様、ああ初音様。
 蜘蛛って、糸とかがうざったいですが、なんか嫌いにはなれないというか、結構好きというか。大きなコも小さなコも、なんか可愛い。拙者拡大写真とかも、結構つぶらな瞳とか可愛いし。巨大なアシダカグモはゴッキーを食べてくれる益虫だし。
 やっぱり蜘蛛は好きだわ^^

 そんな訳で、また次回!
大人のポ○モン:新ぬお | 23:05 | author : ako | comments(0) | -



ヌオ様といっしょ[195]:……みんな、ゴメン……
 日曜ですが、新ヌオ更新です^^;
 騒ぎが収まったレッド君の世界にわらわらとみんなが戻って来たようです。

新ヌオ195

 程なく、ばつの悪い顔をして少年が顔出しに戻ってきた。「みんなにはきちんと謝らないとって思って……」 少年はぺこりと頭を下げる。「……お姉さん、ゴメン……みんな、ゴメン……」 少年の神妙な表情に、なんだか、不思議と優しい気分になる。このコは逃げ場がなかったんだもん。ただ、寂しかったんだもんね。みんなが口々に言う。「口下手だよなー、初代w」「そうだよ、ちゃんと言ってくれれば良かったのにさ^^」「ていうか、ボク達ってすっげーお得じゃね?」「え?どゆこと?」「だってさ、みんなのそれぞれの世界とこっちの僕らだけの空間、美味しいとこ取りじゃん」「あ、そうだよねー、もうみんな自由に行き来できるんだから、こっちはみんなの情報交換の場所にすればいんじゃない?」「同窓会会場みたいな感じ?」「ある意味、駆け込み寺的な使い方も出来ちゃうか^^」「現実から逃げんなw」「それにさ、ここに来れば初代にいつでも会いに来れる訳じゃん?」「だねえ〜」「それは初代が戻って来てれば、だけどなw」「そかw」 みんな、なんだかんだで少年のこと、大事に思ってんだよね。あたし達が閉じ込められていた世界は、もう牢獄なんかじゃなくなった。気が向いたらいつでも訪れることが出来る場所になった。そこにはあたしとは違う、でもあたしと似た人が、たくさん居る場所。みんな思い思いに、自分の世界であった出来事を話せる場所。みんながあたしで、みんなが友達。……ねえ少年、君はそんな世界が欲しかったんだよね。無理にみんなを縛らなくても、君の周りには人が居てくれるじゃない。それはきっと、君がこれまで頑張ってきたご褒美なんだと思うよ。「なんてこと、あたしは言わないけどw」「……な、なんだよ」「ニヤw」



 レッド君やリーフちゃん達は行ったり来たり、なんでしょう。

 昨日、塗りをほぼ7割方終えてたんですが、タイムリミットで仕上げまで出来なかったので、今日は日曜ですがお絵かきモードです。エイプリルフールにアップはどうしたモノか、とか思いつつまぁ、いいか^^;;
 いずれにしても来週いっぱいで終えるぞー、ってな感じで気合い入れて行こうと思います、はい。残り5話。がんばる。
 そんな訳で、また次回♪
大人のポ○モン:新ぬお | 19:26 | author : ako | comments(0) | -



ヌオ様といっしょ[194]:……どこにも行っちゃダメッ!
 新ヌオ更新です。
 終了を確認した別荘側です。

新ヌオ194

 「終わった、みたいですね……」 リーフさんはスクリーンを見ながらホッとした様子だ。「……あ、あたしまだ着替えられてない……///」 そう言えば、リーフさんの格好、どう見ても男の子のまま。「服、取り替えきゃッ><」 彼女はそう言ったかと思うと扉からレッドの世界に戻ろうとする。それを制止する声。「ちょ、待てって」「レッド君……」「ボクも一旦戻るよ、みんなに挨拶しなきゃだし……」 そんなレッド君を引き留める柔らかな腕。「……どこにも行っちゃダメッ!」 レッド君を羽交い締めにするのはカンナさん。「放してやれよ、カンナ^^;」「ワタルは黙っててッ><」「怖い怖い^^;」「あ、あのカンナさん……??」「レッド君はもうどこにも行っちゃダメなの。あたしがずっと世話するんだからッ><」 しょうがねーな、とワタルさんは苦笑い。「まぁ、なんというか……悲願達成、だよ……」 そう呟くワタルさんを怪訝そうに覗き込むリーフさん。「ちょっと複雑みたいです、ね^^;」「そう言う君も、か…… まぁ、気長に構えるさ」「そですね^^;」 なんか通じてる……と、ワタルさんとリーフさんを見ながら思ったボクだった。

 「終わりましたよ〜^^/」 戻ったみんなも、気付いてくれたかな。と思うやいなや、みんながわらわらと舞い戻ってくる。みんな一様に、一度戻って、やっぱり気になって戻って来たらしい。「てかあっち、超寒いんですけどッ><」「そうかぁ?」「あたし達はスカートなのッ><」「そのあたり、上手くやればいんじゃない? 友達に差し入れ期待するとか」「おま頭イイなw」 もはや自由に戻れること。それに、こっちに帰っても来れること。「……ねえ少年、みんなは優しかったかな……?」



 まったりと、いきましょう^^
 そう言えば、レッドコスのリーフさん、袖の色をずっと塗り間違えてました>< そのうち修正せねば><

 桜が咲き始めますなぁ。この季節、年度末で色々と大変ですが、ウキウキする季節です。花粉症の方はホントに大変だと思いますが……>< おまけにこの季節、黄砂も飛びますし、なかなか大変。車が汚れる汚れる……^^;
 まぁ、春だし、いいか、うん。

 そんな訳でまた次回!
大人のポ○モン:新ぬお | 00:17 | author : ako | comments(0) | -



 
概要説明♪
 
 このサイトは三十路ぶっちぎりakoの趣味にまみれたブログでして、いい歳した大人のくせにここ最近はポケモンに夢中でございます。そんな訳で結果的にポケモンブログになっていたりします。お気軽にコメント頂ければ幸いです♪
 
CALENDAR
 
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
PROFILE, tweet, pixiv
 
 
 
CATEGORIES
 
 
RECOMMEND
 
 
NEW ENTRIES
 
 
SELECTED ENTRIES
 
 
ARCHIVES
 
 
RECENT COMMENTS
 
 
LINKS
 
 
Text & Graphic : Copyright (C) AKO all rights reserved.
PAGETOP