こちらはポ○モンと二次創作に関するお絵かきと駄文のブログです since 2004.07.01
<< こがわみさき:『魅惑のビーム』 | main | あーなつやすみー♪ >>
こがわみさき:『セツナカナイカナ』
 akoおすすめの作品レヴュー、第2回♪

こがわみさき:『セツナカナイカナ』 前回の『魅惑のビーム』と同じ作家さんです。この作品集もまたイイです。こちらでは「おあずけわんこ」「セツナカナイカナ」「マチコの心のへそ」「プライマリーズ」「夜にとろける」の5編。現在私が拝読したこがわみさき名義の作品集の中では、この『セツナカナイカナ』がベストです。どの作品もハズレがありません。
 基本的に、こがわみさきさんの作品というのは予想外な展開が多いんです。でも、そんなんありえへん!とか思わせないのは、その独特の“ぽよん”とした雰囲気になるんだと思います。絵もそうだし、ストーリー全般にしてもそう。
 主人公スグル君の通学路は“ワンワンロード”と呼ばれ、深夜に“わんこ様”と呼ばれる妖怪?が現れて、通りすがりの人を気絶させるという噂。でも、その道で同級生の女の子と出会って、そんで、どうなるの??……って始まりの「おあずけわんこ」は“わんこ様”自体がありえへん!なんですけど、やたら和みます。いいです。わんこ様可愛すぎ。なんというのか、優しいんですよね、空気感が、全部。
 表題作の「セツナカナイカナ」もありえへん!なんですが、いいんです。すごく、すごく優しいんです。他人の心が聞こえてくる力を持った主人公初美は、一人黙々と校門前の雪かきに精を出していましたが、無愛想な同級生黒川に不思議な魅力を感じるのでした……って始まり。田舎の高校のおっとりした雰囲気がまた秀逸。
 「マチコの心のへそ」も同様で、マンガでなきゃありえへん!のですけど、その特異な舞台設定とは違うところに、本来のテーマがあるんですよね。しゃべりすぎるとネタばれになるので、詳しいことは書けませんけど、咲坂くんがあまりにもいい人過ぎて泣きそうになります。この咲坂くん、物語冒頭でフられてしまいます。フったのは主人公の真知子さん。けど、フった直後、真知子の頭にバケツが落ちてきて……って展開。後は読んでのお楽しみ♪
 繰り返し書いてますけど、この作品集はありえへん!なネタで構成されてます。「プライマリーズ」も同様に、これはラストがありえへん!です。でもそれを気にさせない程、テーマがしっかりしてます。インコが可愛い過ぎます。で、最後の「夜にとろける」も冒頭からしてありえへん!です。いいんですよ、現実じゃないんだから。マンガなんだから。
 そう、マンガだからいいんです。読んだ後、心が暖かくなります。私的にはこがわみさきの作品集の中では最高峰に位置する単行本だと思います。
 是非、お試しアレ♪
おすすめいろいろ | 21:41 | author : ako | comments(0) | trackbacks(0)



スポンサーサイト
- | 21:41 | author : スポンサードリンク | - | -









 
 
概要説明♪
 
 このサイトは三十路ぶっちぎりakoの趣味にまみれたブログでして、いい歳した大人のくせにここ最近はポケモンに夢中でございます。そんな訳で結果的にポケモンブログになっていたりします。お気軽にコメント頂ければ幸いです♪
 
CALENDAR
 
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PROFILE, tweet, pixiv
 
 
 
CATEGORIES
 
 
RECOMMEND
 
 
NEW ENTRIES
 
 
SELECTED ENTRIES
 
 
ARCHIVES
 
 
RECENT COMMENTS
 
 
LINKS
 
 
Text & Graphic : Copyright (C) AKO all rights reserved.
PAGETOP