こちらはポ○モンと二次創作に関するお絵かきと駄文のブログです since 2004.07.01
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author : スポンサードリンク | - | -



<< C86:おしながき | main | C87申込完了 >>
C86ありがとうございました!:参加レポ
 C86、通算10度目の夏コミ参加のレポートでございます。
 ついに大台に乗ってしまいました。10度目です、10度目。桁が増えてしまった……。ありがたいことに、最初の当選から連続なのもので、夏、冬と原稿描いてはビッグサイトに帰ってきて……の生活が5年続いていることになります。その度に知り合った方や、親しくしてくださる方が増えていくのですから幸せもんだなあたしゃ、とつくづく思います。
 例の如く、レポートに関しては新ネタもないのですが、防備録という観点からも、ちょこちょこと書いていこうかな、と。
 歳なので、書いておかないと忘れてしまうと言う感じでして^^; 脳細胞を活性化させる為にも、少々エディターでも叩きましょうか。

C86





 まずは今回の本について。
 今回の本の主人公は中年のおじさんなので、つっこまれるかなーとか思ってたのですが、最初に言っておきますよ^^; 私はあの作中で描いてるかっこいい中年よりも、遙かに「普通のおじさん」です。どちらかというとナナカマドの方が立ち位置が近いっすよw なので、「あの博士、akoさんでしょー^^」と突っ込んだあなた、そりゃ褒め過ぎってもんです。……そうか、キミにはアタクシがかっこよく見えるのかw ふははは。まだまだこのおじさんも捨てたモンではないな、ふはは( ´ ▽ ` )ノ
 と、まぁ、それはさておき、作品って作家の自己投影だよねえ〜、と突っ込みが入るのがすげえ怖いので、どこまで現実から乖離した内容にするかが今回のキモだったと言っても過言ではありません。最後の最後まで悩みまくったといっても過言じゃないです。で、悩んだ結果、それ相応の話に出来たか、というとこればっかりは正直判らずでして。
 少なくとも、読み手の方の中にある“プラターヌ像”を壊さない内容であったなら大成功かな、と。なので、そう言う意味では今回ほど評価が怖い作品もないという感じでして……><
 作業の時間がかかったのは前回のギマシキ本ほどではなかったのですが、それでも随分プロットの時点で二転三転してしまいました。「おじさんと少女」というテーマは、ホントに難しいですね^^; 描き手がオジサンなので尚更なのでありますよ><
 コピ本の方は徹底的にバカップルなので、そう言う意味では気が楽というか。脇腹はつまんでなんぼでしょう(・ω・)
 内容はともかく、きつかったのは時間です。結局今回も出発直前まで製本してましたし、製本終わってからWeb告知したりミニポスター作ったりなんやかやで結局徹夜でしたからねえ。もう少し作業時間があっても良かったかな、とか思いますけど……><

 そんなこんなで徹夜明けのまま出発な訳です。もう時間もギリッギリ、京都駅の新幹線ホームに着いたのがその列車が出る5分前だった程なので、つくづく「余裕を持って行動」が大事かを痛感しましたです。おかげで、新幹線のシートに座って気がつけば泥のように眠っていましたし。
 ただ、新幹線の、自分の指定座席に座る前にちょっとした事件がありました。私はいつも新幹線は指定席で乗ります。少し早めに席を取るので、大抵「1E」だったりします。で、通常であれば指定された席に直行しますよね。そして、おもむろに座る。しかし、今回指定されたその席に座ろうとした時、なにやら張り紙がありまして。
「座席故障のため、11Eにお座り下さい」
 なんぞ(・ω・) これなんぞ(・ω・)
 二度見三度見しまくって、半信半疑11Eに移動しました。すると乗務員のおねーさんが来て、席を移っていただいてお手数をおかけいたします、と仰る。座席故障というのは、どうやらリクライニングしなくなったそうで。あー、確かにそれは困るわ。「了解しましたよ^^」と爽やかさ5割増しで返答したアタクシなのでございます。
 その後は、一瞬で気絶状態でした。目が醒めると横浜辺り。ほぼ2時間程全く起きなかったようで。泥のように眠るとはまさにこのことです。で、なんだか、窓の外は猛烈な雨。雨……?? 晴れるとの天気予報だったので、傘を持っていっておらず、こりゃ参ったねー(・ω・) どこかで安い傘買わないとな。
 結局、駅の出口から宿までのほんの100m程の為だけに傘を買うハメになった訳ですが、まぁ、こればっかりは仕方がないわな。そこは素直に諦める。
 その後、やどでまたり後、浜松町ポケセンに向かいました。恐らく、次に来る時には場所変わってるんだよなあ……。浜松町、交通の便が良かったのでそこはものすごく残念(´・ω・`) お名残惜しいでありますよ。

 なんやかや宿に戻って風呂入ってばたんきゅう。さすがに明日が本番だッてんで、サクッと気絶。
 目覚ましのベルでたたき起こされ、シャワーだけ浴びて適当に身だしなみをして出発。今回の助っ人はお二方に依頼したので、途中でそのお二方と合流して、恐らく、これまでで最も多い人数でコミケに向かうことになりました。賑やかなのはいいねッ( ´ ▽ ` )ノ
 それにしても、昨夜の雨はすっかりなりを潜めて、天気の素晴らしいこと! 全国的に見ると、どうやら東京だけが晴れで、東京以外が曇りや雨。まさにコミケ結界。こりゃ今年も暑くなるかなと思いきや、昨夜の雨で気温が低く、朝の段階は非常に快適でした。日陰は涼しいんですもん。こんな夏コミは初めてですよ。このまま、快適な状態であればいいなあ、と思いつつビッグサイトに入ります。
 設営の手順は慣れたもの。さっとやってちゃっとやれば完成。楽ちん。説明になってないけどw
 で、なんだかんだで開幕の時間はすぐに来ちゃいます。設営準備を終えて、まったりしてる内に、時間なんてすぐに過ぎちゃいます。ジングルが流れ、拍手ー! C86開幕です。
 開幕直後がまったりしてるのはいつものこと。企業や壁の行列がある程度一段落する1時間後辺りからどんどん賑やかになってきます。さぁ、ここからはお礼でございますm(_ _)m
 ツイッターのフォロワーさんや、渋でのフォロワーさん方が仰って下さる「新刊を♪」のお声が嬉しく、励みになります! 差し入れを下さった方、ありがとうございました! 作業中の栄養補給として、作品の血肉にいたしますね!
 素敵なコスプレで当スペースにおいで下さった皆様、眼福でございました! 暑い中なので、水分補給だけは心がけて夏コミを楽しんで下さいね〜( ´ ▽ ` )ノ
 スケブも今回描かせて頂けました。現場で描いてるので、余り上手くは描けませんでしたが、また技術を磨いておくことにしますね!
 本を買って下さる際、時折お話もさせていただいたりするのですが、嬉しかったのは「何度も読み返してます」と仰って下さる方が結構いらっしゃる、ということです。非常に文章が多いマンガなので、どちらかと言えば読みにくいマンガであるにもかかわらず、何度も読み返していただけるというのは作家冥利に尽きます。今回の作品も、そのような本であることを祈るばかりです……><
 驚いたのが、「全部下さい」という方がとても多かったことです。毎回お一人からお二人はいらっしゃるのですが、今回は4〜5人ほどいらっしゃって、何というか有り難いやら申し訳ないやら>< 楽しんでいただけていれば嬉しいです><
 そう言えば、昨年有志で作った『イッシュ四天王アンソロ』ですが、実は1冊だけ在庫があったとのことで、その1冊をうちのスペースで頒布したんですが、うちのスペースにその本を用意した瞬間に買い手が付いたのには驚きました。これで、完全にアンソロは在庫が捌けました。感謝、感謝でありますm(_ _)m
 「そう言えば、今回はまだ外国の方は来られてないね〜(・ω・)」と話してると、「きゃーkawaii〜!」との声が、見るとコスプレをした外人さん。ニコニコしながらうちの本をパラパラと閲覧、直後「これkudasai( ´ ▽ ` )ノ」 何という可愛い外人さん! そのリアクションがめちゃくちゃ可愛かったです♪ 日本語も非常にお上手でした。今後とも日本のヲタ文化をどうぞよろしくです!

 昼を過ぎると結構気温が上がってきます。午前中は比較的涼しかったのですが、昼あたりになると湿度上昇です。暑い。配置スペースが比較的風が通りにくい場所だったというのもあってか、夏コミだなぁという暑さになってきました。でも、昨年のあの暑さ比べれば、全然快適というかなんというか。
 どうやら、最高気温が34℃だったらしく、昨年が37℃だったことを考えると結構ぬるゲー。過ごしやすい夏コミになったような気がします。ていうか、手洗いに何度かいったもんね。去年は一度も行かなかったので、そう考えると、去年がいかにえげつない暑さだったか、というのが判ります。

 今回、当落が決まって配置について特に詳しく調べておらず、当日声を掛けていただいてようやく気が付いたのですが、今回のお隣さん、前回の冬コミでお隣になった方で、クッキーを焼いてきてこられた方でした。申し出られるまで全く気が付かなかったとは、何という失態……>< ばたばたしてて自分の配置だけしか把握してなかったのが原因でした……。こればっかりは申し訳なかったッス……>< 把握完了、なので、今後とヨロシクでありますm(_ _)m
 また、もう片方のお隣さんはホウエンクラスタの方で、どうやら私と比較的年齢の近い方だったようで、なかなかディープな話が出来て楽しかったです。このポケのジャンルは若い方が多いので、私に年齢が近いというのはほぼありません。なので、「お互い、今後もしぶとく生き残って参りましょう(`・ω・´)」とか話してました。また次のイベントでお会いした際はヨロシクです。頑張らねば、です( ´ ▽ ` )ノ

 ぼちぼち時間が過ぎて、撤収準備に入らねばなりません。昨年夏の宅配便搬出列は死にそうな炎天下でしたが、先ほども書いた通り今回は気温がまだそんなに高く無かったため、ある程度楽に搬出できました。去年は搬出列で倒れる人とか多かったですからねえ……。過ごしやすくて良かったです。
 そんなこんなで夕方4時、閉会時間。拍手と共にC86初日が終了です。仲の良いサークルさん達とビッグサイトを後にするのでした。今回はバスで東京駅まで。運が良いことに席に座れたのが良かったのか悪かったのか、爆睡してしまいました。気が付けば東京駅。やっぱり疲労が溜まってたのかしらん(・ω・)
 その後は打ち上げ。1次会2次会。で、解散〜、宿に帰還です。
 原稿執筆から当日まで、毎度毎度一瞬で過ぎて行ってしまうのですけど、でもやっぱりコミケは楽しいです。頑張って原稿描いた甲斐があったってもんです。そんなことをぼーっと考えてるといつの間にやら気絶状態。目が醒めればチェックアウトまであと1時間。ちゃっちゃか用意して宿を出ます。
 その後、10年来のネット友のmacユーザーさんと喫茶店で合流して世間話した後、新幹線に乗って地元に戻ります。途中、滋賀県辺りで緊急速報を傍受。どうやら相当雨が降っているようで、うちの地元のエンジュでも相当に降ったようで……。
 幸い、被害という程の降りではなかったみたいですが、中心部でも冠水してたりなど、猛烈な雨だったようです。んむう……。

 次の冬の申込の〆切はすぐそこです。申込を完了した時点で、ようやく夏コミは終了、と言えるのでしょう。近いうちに終わらせないとですね。
 次も新刊持って参加出来るよういのるばかりです。
 毎度書いてますけど、いつまで出来るか、いつまで描き続けられるか正直判りませんけど、皆様さえ宜しければ、また覗いてやって下さると幸いです。
 まだまだ暑い日が続きますが、体調にはお気を付けてお過ごし下さい。
 当方、また頑張ります。
 とにもかくにも、お世話になりました! また冬にお会いできるよう祈っております。
 ありがとうございました!!
お絵かき・同人 | 20:34 | author : ako | comments(4) | -



スポンサーサイト
- | 20:34 | author : スポンサードリンク | - | -



コミケお疲れ様でした。
買った作品は高速バスで読むと宣言しておきながら(しかも眠れず)実家で読んでいる始末です(18本はアパートで読ませてもらいました)

卒業旅行で最終的にキョウ×メイでおkですかね?

裏表紙のトウヤとベルの線が太いのは服のせいと思いたい(汗
毎度のことながら作品のレベルが高いっす。暑い中来た甲斐がありました。(帰りのりんかい線の大崎駅で人が倒れたので毎度のことながらコミケの大変さを感じました)
冬コミもすぐそこですね。リクエストでコウヒカ本を!!

でわ、本当にお疲れ様でした!!あと「イッシュ完売」おめでとうございます。
シャイン | 2014/08/20 4:20 PM


>シャインさん( ´ ▽ ` )ノ

 バタバタしてまして、お返事遅れました><
 本、読んでいただけたようで何よりです! お楽しみ頂けましたでしょうか?
 『卒業旅行』ですが、書き手が解説するのも野暮なのですけど、一応キョウメイEDという解釈が出来るように終えてます。ほら、同じ年頃の元気系の坊ちゃん嬢ちゃんですからね、ケンカしたり笑ったりしながらイイ感じに関係を築いていくんじゃないかな、とか。
 どうやら、軽口叩き合いながら同じスタンスで信頼し合うようなカップリングが好きみたいです。トウトウにしても、キョウメイにしても「背中は任せた」とか言いそうじゃないですか^^ なんかね、そういう主人公同士のカップリングって私は相当好きみたいです( ´ ▽ ` )ノ

 そうそう、イッシュ四天王アンソロですが、無事完売いたしました。まぁ、アレは私の力と言うよりも、一緒に作ってきた主宰の私以外の二人のおかげです。私は縁の下の力持ちなので^^ 良い本が作れたと思いますです。
 で、コウヒカですが、いやー、コウヒカについては別荘及びヌオ様で描きまくったので、私の中ではほぼ出尽くしたかなー、とか^^; 一応、今回の新刊の中で一コマだけコウキとヒカリを描いてますんで、今のところはそれでご容赦下さいまし。シロナも一緒描き込んでますがw
ako | 2014/08/22 11:33 AM


先日のコミケではお世話になりました。
コメント書くのが遅くなってしまい申し訳ないです。

さて今回の新刊拝読いたしました。
まずひとこと、面白かったです。
ポケモンジャンルにしておじさん視点での話というのが一筋縄ではいかないakoさん一流の展開だと感じました。
記事中でakoさんも書かれていましたが、プラターヌ博士というと私にはおじさんなりたてってイメージがあります。ですから大人として教育者としてと思いながらもセレナに対してかっこいい大人を演じてしまうあたりいかにもって感じでしたw
教育者としての部分もお父さん型というよりお兄さん型なのも実にいかにもw
それを無意識にやっちゃってるのを真なるオッサンであるナナカマド博士にたやすく見破られているあたりの情けなさがまたいい感じでした。

さて、もう申し込みをされたようですが次回は冬コミですね。当選されることを祈って念波を飛ばしておきます。ではではw

栗居茶介 | 2014/08/24 2:19 PM


>栗居さん
 C86ではお世話になりましたー! また呑みましょう( ´ ▽ ` )ノ
 それと、コメントもありがとうございます!

 今回の新刊の感想、ありがとうございますm(_ _)m
 今回は文字偽りなく「おじさんのおじさんによるおじさんのためのポケ同人」のような気がします。プラセレでセレナ視点は皆さんが描かれると思うんですけど、セレナ視点でプラターヌを“おじさんが”描くと背中がむず痒くなって仕方がないので、ここは正々堂々プラターヌ視点です。わたしは“おじさん”から逃げない(`・ω・´) というか逃げられないTT−TT
 プラターヌ博士がおじさんであるというのは、ゲーム中でもそのセリフや語尾、口癖で演出されてますよね。若い子達に、無駄にフレンドリーに接してるw あれはきっと、博士のものすごい努力の賜だと思う訳ですよ、ええ、そりゃもう!
 これまで主人公にバトルを仕掛ける博士は居なかったですから、その点から考えても「まだまだわかいんだぜ」オーラをばんばん出してる“おじさん”、それがプラターヌ博士。
 そう言うおじさんの可愛さを描けているのなら、今回の本はひとまず成功かな、と^^; うん、我慢するから“おじさん”が可愛いのですよ( ´ ▽ ` )ノ ビバオジサン! ジークオジサン!
 そう、この世の全ての男子は、すべからくオジサンになってしまうのですから♪

 では、冬コミでまたお会いできるよう祈っております!
 ビバオジサン!
ako | 2014/08/25 4:32 PM








 
 
概要説明♪
 
 このサイトは三十路ぶっちぎりakoの趣味にまみれたブログでして、いい歳した大人のくせにここ最近はポケモンに夢中でございます。そんな訳で結果的にポケモンブログになっていたりします。お気軽にコメント頂ければ幸いです♪
 
CALENDAR
 
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
PROFILE, tweet, pixiv
 
 
 
CATEGORIES
 
 
RECOMMEND
 
 
NEW ENTRIES
 
 
SELECTED ENTRIES
 
 
ARCHIVES
 
 
RECENT COMMENTS
 
 
LINKS
 
 
Text & Graphic : Copyright (C) AKO all rights reserved.
PAGETOP