こちらはポ○モンと二次創作に関するお絵かきと駄文のブログです since 2004.07.01
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author : スポンサードリンク | - | -



<< C87:おしながき | main | C88:オフセ新刊サンプル >>
C87ありがとうございました!:参加レポ
 C87、2014年冬コミです。通算11度目のサークル参加、今回も無事に、何とか終了いたしました。当サークルにおいで下さった皆様、ありがとうございました!原稿描いて本を作ってビッグサイトに帰還して、を繰り返しつつ6年目に入りましたですよ。速いッすねえ……。なんだかんだここまで継続できたのは、うちのスペースに来て頂ける皆様のおかげです。いつも正直そう思います。ただただ感謝、でありますm(_ _)m
 さて、毎度の防備録レポ、少々書いてみましょう。ほら、歳食うと記憶のバッファが、ね^^;

C87-1


 今回は新刊を1種類しか用意できませんでした><
 とにかく、今回の本はプロットが、これまで以上に難産でした。おまけペーパーでもぐだぐだと書き殴ったんですけど、描きたかったイメージが最初にあって、そのイメージからの展開に全く進めなかった、というのが一番でかいです。
 サンプルでアップしてる部分がその“当初思いついたイメージ”なんですけど、そこからどう展開させるか、でなかなかアイデアが浮かばずに、無駄に時間を消費してしまったというのが真相です。
 当初の予定はカルムのモノローグで話を進める予定だったのですけど、上手く進めないと恐ろしくご都合主義になっちゃいます。現在の形がご都合主義でないとはとてもじゃないけど言えませんが、読み手にカルムの心情を想像させるという手法であるなら、その部分はある程度回避できるのでは、と。それに、博士があの対応をすることで、ある意味、話を引っかき回せます。これがカルムモノローグだと、ただひたすらにどよどよしちゃいますもの。
 それで一つ山を越えた配意のですけど、問題はそのまま進むと話が、実に締まり無く終わってしまうと言うことです。なんだかんだで40pの本、最後はそれなりにきちんと閉めたい。起承転結の“結”がそれなりに大きな動きでないとあまりに博士がダメすぎる形で実に締まらない。この時点ですっかり忘れてたのが、当初この話はカルムの話だった、ということでして。……なら、カルムに締めてもらおう、ということでなんとか強引にまとめたのが最終的な形でした。これのおかげで、二次創作として、XYの二次創作である必然性が出てくるというモノです。良かった良かった。
 んでも、ここまで来たのが、11月の末。もう全然時間が無い。泣いても笑ってもそこから描くしかない訳で、今回は作業工程を少々見直すことにしました。
 いつもであれば、下書きを全ページ行ってからペン入れ、ペン入れを全ページ行ってから仕上げ、という感じで作業を進めていくのですけども、今回は下書きとペン入れを平行して行うこととしました。一日に4p下書きとペン入れを進めれば、計算上は10日でペン入れが完了、仕上げを一日8p行ければ5日で脱稿、約2週間で執筆が終われる! という流れ、というか捕らぬ狸の皮算用。
 ……無理でした……><
 最大で一番進められた日は、下書きペン入れを3.5pが最大で、ひどい時には2p程度しかできなかったという感じでして。自分自身の作業スピードをもう少し考えねばならないかな、という感じではあります。
 結局、当初の予定よりも5日ほどずれ込んで脱稿。やっぱりプロットが早めに固まれば良かったんですが、それはやっぱり難しかったですねえ。
 おかげで、コピ本まで手を伸ばすことが不可能になりました。今回、以前のコピ本を増刷したのですが、その作業の際、コピ本の原稿を見ながら「描きたかった……><」と悔しがる始末。なら描けよッて感じですが、なんというか自業自得(・ω・) うん、夏、頑張る。受かれば。

 で。
 話は出発前日になるのですけど、コピ本を作らない為、既存の本のコピ本製本と簡易ポスターと値札さえ作れば後は出発だけ、という状態でした。んが、予想外の事態になりまして。
 実家のわんこが急に体調を崩し、夜間病院に走らねばならないのですが、その日、丁度車のハンドルを握れるのが誰もおらず、急遽私が車を出すことになりました。夜中の12時。下手すると命に関わることですから、問答無用で車を出します。わんこ自体は何とか治療を終え全員を家まで送り、私はその足で作業場までとんぼ返り。この時点で朝の4時。さぁ、製本の時間だッ!!
 結局、製本を終え、準備を全て完了させるまでノンストップ。トランクに着替えやらなんやら詰め込んで、新幹線に飛び乗るのでありました。

C87-2


車内で軽く睡眠を取り、品川下車。そこから浜松町へ。
 今回、いつも使ってる宿が満杯で取れず、当日のアクセスを考えるとどこが便利かを考えて、ふと思いついたのが海上バスでした。朝、海上バスでビッグサイトに乗り付けられたらものすごく楽なんではないか、と。そんなお気楽な考えで浜松町近辺の宿をチョイスしたのですが、予約を入れた直後に調べると、海上バスは始発が午前10時だそうで(・∀・) やっちまったなー、ってことで。でもくじけない。日の出桟橋なら、少し歩けばゆりかもめ日の出駅。素直にゆりかもめを利用すればいいのですよ。それで概ね問題はない、ということが判明した訳ですが。
 で、宿に着いて、まず駅まで歩いてどのくらいの距離なのかを調べに少々散歩です。
 ……けっこうある……。
 まぁ、以前の宿のように、駅下車歩いて1分と比較する方が間違ってるんですけど、なかなかにこの距離は、カートを引きずりながらはなかなかに大変なのではないか、と。まぁ、しょうがねーなー、と思いつつ、宿周辺を散歩した訳ですが、浜松町駅周辺ならともかく、日の出桟橋周辺はホントに何もないのねw ポケセンも場所変わっちゃったしなあ……(・ω・) 次回からのメイン宿、には少々厳しいかな、と思いつつ散歩終了、宿帰還、風呂ってメシ食ってベッドにごろんとした直後に意識を失っておりました。爆睡。気がつけば朝6時。何時間寝た俺。8時間だか9時間だか寝たぞ俺。FATE[UBW]前期最終話を見ようと思ってたけど、完全に夢の中でございました。FATEは地元に戻った時に録画でカバーだ(・ω・) ま、それはそうと、疲れは概ね取れたような気がしたので、準備してさあ出発です。カートがらがら引きずりつつ。
 今回、日の出駅と国際展示場正門駅で、それぞれ知人と合流。その後入場、という流れです。
 それにしても、ゆりかもめって高いのね。結構費用がかかるゾ。こりゃ次回の宿は根本的に見直した方が良いかもね。東京駅近辺がもしかしなくても一番賢いのかもしれん。まぁ、次回に課題は後回し。
 無事に知人と合流後、無事入場。自分のスペースで設営を完了させ、あとはまったりと開場を待つのみ、です。このあたりは慣れたモノ。慣れたくせに、メンディングテープ持ってくるの忘れてるのよね。知人のサークルさんのヘルプさんにテープを借りれて助かりました。感謝感謝。
 そんなこんなで、C87開幕であります。例の如く、ここからは思いつくまま書いて参りましょう。

 とにもかくにもうちのスペースにおいで下さった皆様ありがとうございました! 今回の新刊は1種のみですが、楽しんで頂ければ幸いです!
 差し入れを下さいました皆様、ありがとうございます! 原稿執筆時の栄養補給にさせて頂きますね! 頂戴した差し入れが次回作の血肉になりますように!
 コスをされていた方、当方の本をお求め下さりありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ 大変お似合いでございましたですよー♪ 毎度書いてますけど、コスはコミケの華でございます。次回もまた素敵なコスを拝見できれば、と思います♪
 スケブも描かせて頂きました。今回は二つほど。プラターヌ博士が1点とセレナタンを1点。描いたプラターヌ博士を診て貰った時、ものすごく喜んでくださった事、ひたすらに感謝です。飛び上がるほど喜んで頂けると、こちらも描いた甲斐があるというモノです( ´ ▽ ` )ノ 新刊の方の博士も楽しんで頂けてますでしょうか?
 セレナについては、丁度私が席を外している時に受け取りにいらしたようで、でも、概ね好評だった、とヘルプに入ってくれていた相方からうかがいました。今回のセレナは結構可愛く描けたんじゃないかな、とか自画自賛弁当持参( ´ ▽ ` )ノ
 今回、「全部」とおっしゃって下さった方がお二方いらっしゃいました。今回は増刷のコピ本が多かったので、合計金額がえらいことになってしまったのですが、申し訳ないです>< 楽しんで頂けたならこれほど嬉しいことはありません。読み応えは充分にあると自負はしていますので、願うべくは、また次回作も読んでみたいと思って下さいますよう。
 それと、今回取り置き依頼を頂きました方にも無事本を渡すことが出来ました。結構な分量になっちゃってましたが、多分楽しんで貰える、はず! また宜しければご感想等頂戴できれば幸いです。
 そうそう、感想と言えば、今回お手紙貰っちゃいました>< これはあまりに予想外で、めちゃくちゃ嬉しかったです。宿に戻ってから拝読したのですが、私が伝えたかったことがちゃんと伝わってて、もう顔がにしゃにしゃ締まりが無いったらありゃしません。今回の話は、前回の話を踏まえての展開となります。セレナやプラターヌ博士、カルムくんやらカルネさんが、魅力的に描けていれば大成功です。また次回も本を手にとって頂ければ幸いです!
 そういえば、嬉しい一言も一杯貰えました。「プロで描かないんですか?」とかおっしゃって下さったんですけど、……どなたかお仕事下さいw 良い感じに描くデスよw また、以前から私の作品を渋等でチェックして下さっていた方で、コミケのスタッフをされていたという方がいらっしゃいました。お話によると、チェックはしていたけど、スタッフをされていたから、なかなかサークルスペースに来れなかったとのこと。うわぁぁ……>< で、今回、一気にお求め下さった訳ですが、嬉しいなあ嬉しいなあッ>< うちの本、楽しんで下さいまし!! あーもー嬉しいなあッ><
 ……いつもいつも、新刊持って参戦している訳ですが、本を手にして貰う以上に、様々な素敵なことを頂けているような気がします。皆様方が本の退化として支払って下さった金額以上の価値を、私が提供できていればいいのですが……。これはもう今後も続けていって、作品でご恩返ししていくほかありません。今後も頑張ります。ただひたすらに、感謝、感謝ですm(_ _)m
 そんでもって、仲良くして下さってるサークルの皆様、いつもありがとうございます!
 ぬいぐるみとクッキーのサークルさん♪ 今回もありがとうございました! あなたにとって今回のC87はいかがでしたでしょうか? また、今回少々寝坊しちゃったっていうサークルさん>< めげない挫けない次回以降に挽回すればいいのです! いずれにしても、本作りとかコミケ参加とか、終わる事なき人生の仕事でございますよ。泥沼のような至福の趣味である同人制作。きっと私たちは幸せ者なんだと思いますよ^^
 そんなこんなで時間が過ぎていきます。時刻は午後3時を回り、発送列に並びつつ、少々残った本やら会場で買ったC87カタログやらを詰め込んで発送〜。初日はさほど寒くもなく、さくっと発送完了。だいたい、午後3時を過ぎると会場内はほぼお片付けモードに入ります。ちゃっちゃか片付けて撤収準備。一通りさくっと終えた頃に、ジングルが鳴り、C87初日終了です。ぱちぱちぱち……( ´ ▽ ` )ノ

C87-3


 後は知り合いのサークルさん達と打ち上げです。バスでさくっと東京駅に向かい、居酒屋にゴー。下らねえことべらべら喋りつつ、これまたコミケのお楽しみの一つでございます。馬鹿話やら真面目な話やら。ボケと突っ込みは忘れずに。一次会二次会を終え、解散〜。また次回お会いできればw ……というか、私は年に2回しか遭遇できないレアキャラだそうでw 素敵なモノドロップできましたでしょうかw 役に立たないモノやら事ばかりドロップしてるような気がしないでもないですがw
 そんな訳で、宿に帰還。風呂入って、一人で更に飲み直してばたんきゅう。まだ飲んだのかよ。ええ、飲んでましたw 戦利品やら頂戴した差し入れやらご感想に囲まれて至福でございます。
 気がつけば朝の10時。この宿は11時にチェックアウトなので、これまでよりも1時間早くチェックアウトです。その後は、今は無きポケセントーキョー跡地を横目に、ドヤリングカフェでマクブクairを拡げながらレポートをぽちぽち。そうこうしているうちに時間が来ます。新幹線にのって地元に帰還。あー、速かったなあー……。
 正直、いつまで描き続けられるかわかんないです。次回夏コミ、もちろん申し込みはします。ちゃんと無事に参加できればいいのですけどね。それに体力的に、正直どこまで原稿にしがみついていられるやら。じじいですから、体力的になかなかにがつんと来るというか。毎度乗り切ってますけど。次回ももちろん乗り切るつもりですけどッ><
 世の中、こんなに幸せな趣味は他にないと思います。世の中、やれクールジャパンやらとかってヲタ趣味の表層を国策みたいにしたい人達が多いと思いますけど、日本のヲタ文化の根底を支えているのは、恐らく我々のようなピコ手サークルや、そう言うサークルを大事にして下さってる皆さんだと思います。売れることだけが正義じゃあありません。売れようが売れよまいが、作るッて行為に惹かれ、その結果の産物を愛してくれる読み手の人達が居てこその、そういうみなさんの積み上げそのものが日本のヲタ文化の根底に外ならないのですから。
 規制や、無用な持ち上げに動じることなく、明日もまたヲタ文化を愛して参りましょう。
 本年ももうすぐ終わりますが、来年も皆様の日常が楽しさと幸せと喜びに満ちていますように。
 本年もお世話になりました。
 また来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます!
お絵かき・同人 | 14:22 | author : ako | comments(2) | -



スポンサーサイト
- | 14:22 | author : スポンサードリンク | - | -



早いものでこのコメントがコミケから2週間後です。
その節はお世話になりました。

レポも拝読いたしましたが今回もいろいろとたいへんだったようですね。しかしコミケが実り多きものであったようで何よりでございます。

新刊も夏の続きということでプラターヌ博士のイケオジサンぷりが輝いていました。ナチュラル・ボーン・イケオジサンです。途中、ポケモン研究者らしくオジサン研究者になっておりましたが、私自身もそろそろ臭くなるお年頃なので読みながら思わず自分の匂いを嗅いでしまいましたね、ええ。それはそうと若者2人の恋模様を見守る保護者ポジションでありながらのこの葛藤具合からしてプラターヌ博士がナナカマド博士クラスのオヤジになる日は遠そうだな、とw

さて次は夏でしょうか。お誘いいただいた以上顔を出したいと思います。
akoさんも執筆活動頑張ってください。では。
栗居茶介 | 2015/01/11 10:38 PM


>栗居茶介さん
 コメントどもです^^/

 イベント前は、何故かいつも大変です。何故でしょうか^^; そういうもの、なのかもしれませんです、はい。
 新刊の感想どもです( ´ ▽ ` )ノ
 色んな方の色んなプラターヌ博士像ってのがあると思うんですけど、私は同性だからか、男前だけじゃない博士の在り方ってのが好きなようです。
 臭いの件ですけど、ヨーロッパでは基本、湯船にお湯を溜めない方が殆どなので、日本人よりも多分臭いが強めだと思います。それを消すための文化として香水が発達したんだろうなあ、と。実際問題、殿方が「臭う」というのを前提に、香水で「ある程度許せる方向に矯正する」という意味合いの方が強いんだろうなあ、という感じがします。
 そう言う意味では、無臭をよしとする現在の日本文化よりも、ヨーロッパの方が現実に即しているというか、ある種開き直っているというか、大人のオヤジ達の可愛さが見え隠れする文化なのかなあ、という気がします。この辺りの差異ってのは面白いですね^^

 さぁ次は夏ですよ、夏。
 受かれば良いンですけどねえ^^; まぁ、どっちに転がっても大丈夫なように、準備だけはちょこちょこ進めていこうかな、と。
 あ、栗居氏はアフターの宴会にはデフォで参加ですので、また次回もヨロシコですm(_ _)m
ako | 2015/01/13 7:40 PM








 
 
概要説明♪
 
 このサイトは三十路ぶっちぎりakoの趣味にまみれたブログでして、いい歳した大人のくせにここ最近はポケモンに夢中でございます。そんな訳で結果的にポケモンブログになっていたりします。お気軽にコメント頂ければ幸いです♪
 
CALENDAR
 
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
PROFILE, tweet, pixiv
 
 
 
CATEGORIES
 
 
RECOMMEND
 
 
NEW ENTRIES
 
 
SELECTED ENTRIES
 
 
ARCHIVES
 
 
RECENT COMMENTS
 
 
LINKS
 
 
Text & Graphic : Copyright (C) AKO all rights reserved.
PAGETOP